埼北よみうり新聞

読売新聞購読案内

スポーツ報知新聞

048-599-0333

2021/4/23 掲載記事

#

音楽会に替わる 第2校歌制作 思い出の取り組みに(本庄市)

本庄市立北泉小学校(岡村和美校長)では、新5年生が作詞した「第2校歌」が制作され、入学式で曲を流して新入生を迎えた。

昨年11月、本庄文化会館のステージで合唱を披露する「県北部・西地区音楽会」が、新型コロナウイルス禍の影響で中止になった。出演予定だった4年生(当時)の肩を落とす姿を見て、岡村校長が第2校歌の制作を発案した。

作曲は、県内63市町村全てのご当地ソングを制作するプロジェクトを実行中のシンガーソングライター・TAON(タオン)さんに依頼。歌詞は、児童から好きな言葉、北泉小のいいところ・好きな場所などを募集し、つなぎ合わせて作詞した。完成した楽曲は、感染症対策を徹底しながら音楽朝会で披露。TAONさんから歌唱指導を受け、音楽会に出演する衣装で合唱し、思い出に残る取り組みとなった。

先月には、歌詞の内容に合わせたイメージビデオも完成した。今後は、地域の協力を受けながらCDにレコーディングし、開校150周年の記念品にしたいとしている。

塚本優海さんは、「思い出にあふれる歌を作ろうと取り組みました。歌詞には、家族や友達、先生、色々な人に向けて『大好き』という言葉を書きました」。芦澤孝太郎君は、「大人になった時にも、北泉小で歌ってくれていたらうれしい」と話した。

#

写真1:音楽朝会で第2校歌を合唱(北泉小提供)

写真2:イメージビデオの完成披露会で笑顔

関連リンク

Copyright © saihokuyomiuri.

埼北よみうり新聞
音楽会に替わる第2校歌制作
思い出の取り組みに
(本庄市)

#

2021/4/23 掲載記事

本庄市立北泉小学校(岡村和美校長)では、新5年生が作詞した「第2校歌」が制作され、入学式で曲を流して新入生を迎えた。

昨年11月、本庄文化会館のステージで合唱を披露する「県北部・西地区音楽会」が、新型コロナウイルス禍の影響で中止になった。出演予定だった4年生(当時)の肩を落とす姿を見て、岡村校長が第2校歌の制作を発案した。

作曲は、県内63市町村全てのご当地ソングを制作するプロジェクトを実行中のシンガーソングライター・TAON(タオン)さんに依頼。歌詞は、児童から好きな言葉、北泉小のいいところ・好きな場所などを募集し、つなぎ合わせて作詞した。完成した楽曲は、感染症対策を徹底しながら音楽朝会で披露。TAONさんから歌唱指導を受け、音楽会に出演する衣装で合唱し、思い出に残る取り組みとなった。

先月には、歌詞の内容に合わせたイメージビデオも完成した。今後は、地域の協力を受けながらCDにレコーディングし、開校150周年の記念品にしたいとしている。

塚本優海さんは、「思い出にあふれる歌を作ろうと取り組みました。歌詞には、家族や友達、先生、色々な人に向けて『大好き』という言葉を書きました」。芦澤孝太郎君は、「大人になった時にも、北泉小で歌ってくれていたらうれしい」と話した。

#

写真1:音楽朝会で第2校歌を合唱(北泉小提供)

写真2:イメージビデオの完成披露会で笑顔

関連リンク